秘密の恋

初めての婚外恋愛。
秘密の関係。彼との関係で思ったこと、感じた事を自由に素直に綴っていけたらと思い始めました。

気がつくと5日も

風邪ひいた( ;∀;)


休み明けでお互い話もたくさん

あったのに


少し休んでいつもの時間に

電話するはずだったのに


辛くて起き上がれず


事前に体調悪いことは

伝えてあったから

‘’無理しないでね‘’と彼には

言われてた


今週は、会う約束の日


もし今、無理したら

きっと約束の日が

だめになる


この約束の後は

仕事で暫く会えない


だから何が何でも会いたい‼


凄く悩んだけど

体を優先することにした


「いつも俺の相手してるから

疲れがでたんだよ💦」


彼からのラインも気付かないくらい

爆睡(笑)

起きたら、熱が上がってた


「子供の風邪が移っただけだよ」


意識が朦朧とする中で

それだけは彼に伝えた


自分のせいじゃないって

わかってるくせに


何かと気にしちゃう彼


いつも、連絡無理させてるって

申し訳なさそうに

謝ってきて


「会う約束の日も無理しないでね」


彼のその言葉には

しっかりと


「○曜日までには治すから大丈夫!」


って答えて

その日は連絡はおしまい


次の日は、まさかまさかの

台風で旦那が休みで


連絡が取れなくなった( ;∀;)


たくさん寝て

薬も効いて

風邪は治ったのに


朝、顔合わせた時

私が言い出す前に


彼は気付いてたみたいで

「今日、旦那さん休みでしょ?」って


あー、今日も連絡取れない

でも仕方ないって諦めてたら


仕事が終わる頃

彼からラインがきてた


「体調大丈夫?」

「今日、連絡残念だけど我慢する」

「風強くなってきたから、気をつけて

帰ってね」


自分も台風の中、仕事で大変なのに

私の心配ばっかり(笑)


気がつくと5日ほど

まともに連絡が取れてない


それでも、こうやって

一言二言伝える為だけに

連絡してくれたことが

嬉しかった


彼のこんなマメなところ

凄く好き


今、連絡が思うように取れない

二人の支えは

もうすぐ会えること


もう少しの我慢


あと少しで会えるから

頑張ろう


会う約束の日

どうか台風の影響が

出ませんように


トラブルなく

無事に会えますように

改めて実感

彼が一生懸命考えくれた

‘’いつもと違う会い方‘’

を、してきた(笑)


思ったよりも時間に

余裕があって


結局、最後はいつも通り

膝枕して彼、お昼寝(笑)


仕事が思ったより忙しくて

会う為に頑張ってくれた


疲れてるはずだから

少し休んでほしかった


「もっと違う事したかったのに

いつもと同じ感じになってごめん」


申し訳なさそうに

何度も謝られたけど


「新鮮で楽しかったよ♪」


「バタバタせずに

ゆっくりできたし良かった♥」


いつも気を使いすぎる彼

心配しすぎる人

自分の事は後回しなのに(笑)


先週、今週、来週と

月をまたぐ事も重なって

続けて会う約束


だから、間の今週は

いつもと違う会い方をしようと

提案してくれた


でも、やっぱり触れたくて

仕方なかったみたいで


うずうずしてる姿が可愛くて

わざと気付かないフリをして


‘’もうすぐ帰る時間だよ‘’


私が言っても、もちろん聞いてない(笑)


「次は来週か!」

自分に言い聞かせるように


何度も携帯開いて予定確認してた


ただ、来週またもや台風💦


「大丈夫かなぁ?」


心配しながらテレビで

天気予報確認してると


会う約束の日が怪しくて

進路的に間違いなさそうで


二人で思わず

「ど真ん中なんですけど(゜ロ゜ノ)ノ」


顔を見合せて

声が重なって

でも、、、


「大丈夫だよ!通りすぎるよ」


もう信じるしかない(笑)


来週逃すと、仕事で

またしばらく会えないから


会えたらいいな

無事会いたい


いつもと違う会い方は

新鮮でドキドキした


でも、触れてくっついて

過ごすいつもの時間も

やっぱり好き♥


長く続けていく為の努力

意外といつもと同じになるけど

二人でこの先のこと


色々考えながら

一緒に過ごすことの大切さ

改めて実感できた日


ちゃんと気持ち向き合って

信じるって決めたから


彼との一つ一つに感謝して

好きも増した


楽しくて

幸せな時間を

ありがとう

ごめんなさい、ありがとう

ごめんなさい。

酔っぱらいながら

書いた前回のブログ


自分のことばかり

相手の事考えずに

気持ち考えずに


だから消しました

niceして下さった皆さん

ありがとうございました


終わりにしようと

思ったことは

嘘じゃない


しんどいなと思ったことも

嘘じゃない


ただ、そんなに簡単じゃなかった


何度も何度も

‘’終わりにしよう‘’

彼にそう言おうとした


‘’疲れた‘’

‘’もう、無理‘’


そう言うつもりだった


その話をしようとした瞬間

何かを感じ取った彼が


「次会う日、いつもと違う会い方に

しようか」


「○○(私の名前)ちゃんの行きたい所

したいことでいいよ」


そんな事を言われて

驚いた


何で急に?って聞いたら


「だっていつもと同じじゃ

○○(私の名前)ちゃん、いつか

飽きちゃうでしょ」


「飽きずに続けて行く為に

いつもと違う会い方だと

新鮮だし、楽しいかなと思って」


夜に会った時

私の様子がいつもと

違うことに

彼は気づいてた


何か変だなって

わかってた


だから、彼なりに

色々考えてくれた


飽きてないか

疲れてないか


定期的に私に確認するのも

いつも不安だから


「そんなに不安?」

って聞いたら


「男より女の人の方が

そういうの敏感でしょ」


彼に言われて


自分の事ばっかだな、私って

彼の事考えてあげれてないなって


彼の気持ちに対して

凄く失礼だった


彼の気持ちに全く向き合ってなかった


続けること

終わりにすること

どちらも難しいし

簡単じゃない


彼との‘’終わり‘’はいつかくる


その時、後悔のないように

しなくちゃ


後悔しないように

ちゃんと向き合おう


自分の気持ち

彼の気持ちに


今は、冷静にそう思う