秘密の恋

初めての婚外恋愛。
秘密の関係。彼との関係で思ったこと、感じた事を自由に素直に綴っていけたらと思い始めました。

電話番号

電話で話したいと言われ、戸惑った。

私、電話苦手で(笑)

とりあえず週末前だったので、「休み明けに~」と言って流した。

言った事を忘れてくれてたら、、、と期待しながら(笑)


休み明け、いつものようにラインでのやり取り。

所々で、「時間ある時に、番号教えてね」と言われ。

ん?やっぱり覚えてるのね(笑)と。


私は、最初彼に電話番号の書いた紙を渡された。

そしてそれを使ってラインを始めた。

だから、彼は私の電話番号を知らない(笑)

私は何も彼に教えてなかったから。


あんまり引っ張りすぎるのも、可哀想だと思い、その日の最後のラインに私の番号を貼りつけた!

彼「電話番号~♪覚えてたんやね(笑)」

私「長々と引っ張って、ごめんね」

彼「今日はもう連絡の時間終わりやし、また明日かけるー」

私「了解♪待ってます!」


ドキドキしながら、彼から電話がかかってくるのを待つ私でした。

やり取り

彼は朝早くから夕方までが仕事なので、連絡が返ってくるのは少し時間がかかった。

だいたい、いつも30分~1時間くらい。

私は、朝だけの仕事で子供達が学校に行って留守の日中は家にいるので、その時間に決まって連絡を取るようになった。


仕事のこと、家族のこと、彼(私)のこと。

仕事で会う時にはゆっくり話せない分、色んな話をした。

すごく新鮮で、彼とのやり取りは楽しかった。



そして、自然と二人の中でルールができた。


その日のラインは消すこと、私が仕事の日以外は連絡しないこと、夕方以降は連絡を取らないこと。

お互いの家族にバレないように。

そして、この関係を守る為に。


連絡を重ねるうちに、彼がふと「電話で話したい」と言い出した!

仕事でいつも喋っているから、声は聞けてたしそれで十分だった私(笑)

え?と戸惑った。

さて、どうしたものか(笑)

仕事で会うたび話をするようになって、彼と色んな話を交わすうちに、私は彼に好意を持った。

そして、お互いに結婚している事を知った。

彼の奥さんが妊娠中という事も。

無理だと思って、自分の気持ちに蓋をした。

でも、彼は今までと何も変わらなかった。

そして、番号を書いた紙を渡された。

複雑な気持ちと、嬉しい気持ち。

後悔したくなかった。

ただ、自分の気持ちに素直になってみたいと思えたから、教えてもらった連絡先にラインを入れた。


「無事登録完了しました!」

今思うと素っ気ない(笑)

でも、その時は精一杯の言葉。

しばらくして、「ありがとうございます。宜しくお願いします」的な返事があった気がする(笑)

これが、彼と私のスタート。

お互いにまだ敬語で、よそよそしくて、気を使いながら。